Pandoc で Markdown から 業務文書.docx を作る

背景

私は教員です。 職場においては,業務にかかる文書は Microsoft Word で作ることが当然であるように動いています。 しかし,Microsoft Word で執筆すると,重さ・お節介・保守性などの面で気になる点があります。

目的

  • 文書を Markdown で執筆し,Pandoc によって Word に変換できるようにする。
  • Markdown はテキストエディタによってテキストファイルとして書けるため,Microsoft Word の将来の価格・存続にかかわらず保存できる。

前提

  • Pandoc の導入が済んでいる。
  • Markdown の記法を知っている。

内容

仕様

Markdown で書いた文書を Pandoc で Word 形式にするためのテンプレートファイルとバッチファイルです。おおむねこのような出力になります。また,外部用文書のためにもう少し厳格な体裁で出力するテンプレートファイルも同梱しています。

  • BIZ UDフォントを既定としています。
  • 強調は日本語らしく設定できません。Wordで開くと,スタイルの欄に__emというスタイルがあります。これを使ってください。
  • 箇条書きも適切に設定できません。compactスタイルを書き換えることで実現しています。compactスタイルは代わりに_originalcompactスタイルを使ってください。また,箇条書きのネストもうまく働きません。手動で調整してください。

フォントのライセンス

既定としている BIZ UD フォントは SIL Open Font License 1.11 で公開されています。ですから,作成した文書を web にアップロードするにあたってもフォントの心配はありません。

BIZ UD フォントの解説・お持ちでない場合のダウンロード方法についてはこちらの記事をお勧めします2

ダウンロード

特に理由がなければ,一番上にある最新版をご使用になってください。

参考

導入と基本的な使用に関すること

知見たち


  1. たぬき侍,「SILオープンフォントライセンス」って何?という方のためのざっくり解説。たぬきフォント,参照 2022-07-29。 ↩︎

  2. コリス,フォントが大好物な人に朗報 MORISAWA BIZ UDゴシックとUD明朝がオープンソースになったぞ!!。coliss.com,参照 2022-07-29。 ↩︎

  3. 石橋秀仁,日本語Markdownユーザー会。日本語Markdownユーザー会,参照 2022-07-29。 ↩︎

  4. 藤原惟,日本Pandocユーザ会。日本Pandocユーザ会,参照 2022-07-29。 ↩︎

  5. John MacFarlane,Pandoc a universal document converter。pandoc.org,参照 2022-07-29。 ↩︎

  6. niszet,Pandocの情報収集、どうする?。niszetの日記,参照 2022-07-29。 ↩︎

  7. 須藤正彬,Pandocを用いた論文のフォーマット変換。須通り Sudo Masaaki official site,参照 2022-07-29。 ↩︎

  8. 藤原惟,Pandocテンプレート:デフォルトのやつを使うべきか否か。Zenn,参照 2022-07-29。 ↩︎

  9. mk_55,PandocでTemplateを使うときのためのメモ。mk_55’s diary,参照 2022-07-29。 ↩︎

  10. zr_tex8r,日本語Markdown文書をPandocする際に「余計な空白」をどうにかしたい。Qiita,参照 2022-07-29。 ↩︎

  11. zr_tex8r,「箇条書きを含む段落」をMarkdownするとアレ。Qiita,参照 2022-07-29。 ↩︎

  12. ロボ太,Markdownからdocxを作る。Qiita,参照 2022-07-29。 ↩︎